直方市 滅失の申出

メッシツノモウシデと読みます。 

建物を解体すると、普通は建物の所有者の方から建物滅失登記を申請します。 
でも、解体はしたが登記を申請せず、ほったらかし。なんて場合もあります。

その後、そんな土地が売買され、買主さんがいざ家を建てようとしたら、、、

えー。 土地は更地なのに謄本では建物が建っていることになってます、みたいなことがあります。 これでは、新しく家を建てても登記することが出来ません。

売主(本来ならば申請人)は今どこにいるのかわからない。 どうしよう?

そんな時にするのが滅失の申出です。 建物の所有者にかわり、土地の所有者から、建物はとうに取り壊されているので登記を抹消してくださいと申し出るのです。

今回、建物滅失登記のご依頼を受け、調査をしていると、現地にないはずの建物が登記上残っていることがわかりました。

不動産会社の仲介で買われた場合は、まずそんなことはないのですが、個人間で売買したときはそんなこともあるのでしょう。